文字
サイズ
背景色

見積もり無料お電話でのお見積り・お問い合せ0294-36-1571

いつも一生懸命。 ただ、それだけです。キレイな我が家、幸せな気分・・・次に感激するのは、あなたです。

株式会社富士塗装店は、昭和32年の創業より、地元日立市を中心に、塗装の専門店として営業してまいりました。

時間の経過によって、色あせたり、痛んだりしてしまった建物を、みんなで力を合わせてキレイに甦らせる。それが塗り替えリフォームの仕事だと思います。
時には、狭い隙間に這いつくばって、刷毛を動かすこともあります。作業をしていると、いつの間にか全身汗だくになっていて、気が付くと、塗料で作業着や体を汚してしまっていることもしょっちゅうです。
だから、外から見れば、決してキレイな仕事とは言えないかもしれません。また、世間のみなさまからのイメージだってあまりよくないかもしれません。
でも、工事が終わり、足場を片付けた後、そこにはいつも、みんなで力を合わせて塗り替えをして、元のようにキレイに生まれ変わった建物があります。工事の後で、キレイに生まれ変わった建物を見上げる時、私たちはいつもこう思います。

「塗り替えリフォームの仕事を続けてきて本当によかった…」

私たちはみんな、塗り替えリフォームの仕事に誇りとやりがいを持って取り組んでいます。自分たちが納得できる仕事をしっかりやり遂げたうえで、お客さまにも喜んでいただくことができたら…もう何も言うことはありません。

ペンキ塗りなんて誰がやっても同じでしょう?

そう笑われてしまうかもしれません

ですが、どんなに値段の高い材料、性能のいい材料を使っても、それを実際に塗る作業がいいかげんでは、その材料本来の力を発揮することはできません。
だから、当たり前のことですが、一軒一軒丁寧に、心をこめて塗り替えをしています。仕上がりでは、大手ハウスメーカーや工務店にだって負けません。
時には失敗することもありますが、やりっぱなし、ほったらかしにはしない。それが私たち富士塗装店の姿です。

富士塗装店のあゆみ

昭和32年、塗装職人だった鈴木勇二(現会長)が、始めた町のペンキ屋、それが富士塗装店の始まりでした。

  • 会長の職人時代(一番左端)
  • 創業当時の会長

はじめのうちは、自宅の玄関先や庭、物置を材料置場にして始まった富士塗装店。
創業当初は、苦しく、厳しい時期もありました。
会長の妻や、学生だった子供たち、家族みんなで手伝うこともあったといいます。

そして、時代は高度経済成長期、
日立製作所の工場、寮や社宅などの施設、
橋や学校、公営住宅など・・・
仕事はたくさんありました
会長をはじめ、社員、職人みんなでがむしゃらに働き、
ひとつひとつの工事を丁寧に仕上げ、
次第に市内、県内で認められる塗装店へと成長していきました。

その後、会長の長男、鈴木博巳(現社長)が、
大学卒業後、東京の塗装店での修行を終えて富士塗装店に入社します。
父から会社を受け継いだ社長は、
会長の時代に確立した地域での信頼と実績を引き継ぎながら、新たな人脈をひろげていきました。

それから、今ではその息子、鈴木將嗣(3代目)も富士塗装店に入り、一緒に仕事をしています。

父から子、子から孫へ受け継がれる職人のこころ

会長が富士塗装店をはじめたあの頃とは、 時代は大きく変わってしまいました。 時代の流れと共に、仕事の内容や環境、材料や道具などは変わっていきますが、 変わらないもの、なくしてはいけないもの、それは、 職人のこころ、だと思います。

地元のお客様に支えられてきたおかげで、 3世代続くいまの富士塗装店があります。 塗り替えリフォームによって、安心できる住まいを提供し、 地元のお客様に喜んでいただくこと、 それが富士塗装店の使命です。

もし少しでも信用していただけるなら、ぜひ一度お電話ください。 私たちは押し売りや強引な営業は一切いたしません。 まずは心を決める前に、ご相談からお気軽にどうぞ。

フジペンくん通信

スタッフブログ

弊社はエコアクション21の認証を受けました。

エコアクション21 認証・登録番号0010293

認証・登録証はこちら

エコアクション21とは

ページの先頭へ戻る

お見積りのお問い合わせはお気軽に「ホームページを見たの」とお電話を!(見積り無料)TEL 0294-36-1571